静岡 SHIZUOKA

駿府城 SUNPU-JO (CASTLE)

f:id:michikusatraveler:20171022122335j:plain

徳川家康公像 STATUE OF TOKUGAWA IEYASU

f:id:michikusatraveler:20171022124946j:plain
徳川家康ともっとも所縁のある土地はといえば、生まれの岡崎でも、264年続いた徳川幕府を開いた江戸でもなく、ここ駿府ではないでしょうか。なにしろ幼少期、壮年期、晩年期と三度にわたって居を構え、往生を遂げた地です。幼少期は今川の人質としてでしたが、壮年期に浜松城から、そして晩年期に江戸城から移ったときは家康の意思でした。戦略上の意味もあってのことなので、単純に好き嫌いではありませんが、結果的に大きな縁のある土地となりました。
The most related city with Tokugawa Ieyasu is I think not Okazaki who was born or Edo which opened the Tokugawa shogunate which lasted 264 years but here Sunpu. It is a place that he had lived in three times when he was child, in mature and later life. He finished his life here. At first he was brought here as a hostage of Imagawa family, but following two times he decided to move here from Hamamatsu or Edo. There were some strategies in his moving, so it is not simply likes and dislikes but as a result Sunpu turned out to be a place closely connected with him.
michikusatravel.hatenablog.com

静岡浅間神社 SHIZUOKA SENGEN-JINJA (SHRINE)

f:id:michikusatraveler:20171022124936j:plain
賤機山の麓にあります。賤機山(しずはたやま)が「静岡」の名前の由来といわれています。徳川家康も崇敬、寄進し、徳川歴代将軍の祈願所となりました。「東海の日光」とも呼ばれています。
It is at the foot of Mount Shizuhata. It is said that Shizuoka derives from Mount Shizuhata. Tokugawa Ieyasu revered and donated the shrine and successive Tokugawa Shogun also prayed here. It is also called "Tokai's Nikko".
michikusatravel.hatenablog.com

静岡市役所 SHIZUOKA CITY HALL

f:id:michikusatraveler:20171022124925j:plain
中村與資平の設計で、公共のものとしては珍しいスペイン様式の建築物です。スペイン様式といっても、スペイン南部アンダルシア地方のイスラム建築をモチーフにしていると思われます。ドーム(クーポラ)が印象的です。
It is designed by Yoshihei Nakamura and the Spanish style building rare as a public property. It is said to be the Spanish style, but it looks a Islamic architecture in Andalucía, southern Spain. The dome is impressive.

どこかで同じような印象の建物を見たと思ったのですが、愛知県豊橋市豊橋市公会堂が同じ中村與資平の設計でした。
I saw a similarly impressive building somewhere. The Toyohashi public hall in Toyohashi City, Aichi Prefecture was designed by him.
michikusatravel.hatenablog.com

登呂遺跡 TORO RUINS

高床倉庫 STILTS WAREHOUSE

f:id:michikusatraveler:20171022130123j:plain
私が小さい頃は「高床式倉庫」と習いましたが、現在はどの教科書も「式」をつけずに「高床倉庫」としています。遺跡の案内板もそうでした。竪穴式住居、縄文式土器弥生式土器も同様に、竪穴住居、縄文土器弥生土器と教えています。例えば縄文土器の中にも亀ヶ岡式など種類があるため、どちらが上位概念か明確にするのに「式」がない方が都合がいいというわけです。縄文、弥生についてはわかりますが、高床、竪穴は構造の種類ですので、むしろ高床式倉庫、竪穴式住居といった方が語感としても語意としてもしっくりくると思うのですが如何でしょうか?
(It is a topic of a national language so only written in Japanese.)

登呂遺跡は佐賀県の吉野ケ里遺跡と並び、弥生時代を代表する遺跡です。縄文時代を代表する遺跡としては青森県三内丸山遺跡があります。
Toro is one of representative ruins of Yayoi era, along with Yoshinogari ruins in Saga prefecture. Sannai Maruyama ruins in Aomori Prefecture is one of representative ruins of the Jomon Period.
michikusatravel.hatenablog.com

f:id:michikusatraveler:20171022130132j:plain
まるで水田のようですが、竪穴住居の住居跡です。
It is like a paddy field, but it is a site of old pit-house.